真鍮(黄銅、真中、込真鍮)スクラップの買取価格を日々公開中!真鍮を買取り、リサイクルしています。真鍮は銅と亜鉛の合金で、黄銅とも呼ばれます。

真鍮(黄銅)の買取りについて

真鍮(しんちゅう)スクラップを買取っています。 真鍮は、亜鉛(あえん)の合金で、黄銅(おうどう)とも呼ばれます。 真鍮の色は、五円硬貨(真鍮製)のような「黄色」です。

真鍮(黄銅)スクラップ
真鍮(黄銅)スクラップ

真鍮色(五円硬貨)
真鍮色(五円硬貨)

真鍮のスクラップとしては、水道蛇口やバルブ類、ナット、コイン(メダル)、ワイヤーカット、楽器(吹奏楽器やシンバル等)、仏具、アクセサリー等がありますが、真鍮スクラップは、真鍮以外の異物が付いていることが大半ですので、込真鍮(こみしんちゅう)と呼ばれます。 込真鍮の「込」は、異物を「込」んでいるという意味です(同様に「込銅」や「込砲金(こみほうきん)」がある)。

水道蛇口(メッキ真鍮)
水道蛇口(メッキ真鍮)

真鍮バルブ類(ガス口金等)
真鍮バルブ類(ガス口金等)

真鍮ナット(管は銅)
真鍮ナット

真鍮コイン(メダル)
真鍮コイン(メダル)

ワイヤーカット(真鍮糸)
ワイヤーカット(真鍮糸)

真鍮端子
真鍮端子

真鍮管
真鍮管

真鍮切粉(削粉、切削屑)
真鍮切粉(削粉、切削屑)

水道蛇口やコイン(メダル)は銀色であり黄色ではありませんが、これはメッキされているためです。 メッキをヤスリで削ると、五円硬貨(真鍮製)のような黄色が出てきます。

水道蛇口
水道蛇口

表面は銀色だが、削ると真鍮色(黄色)が出てくる
表面は銀色だが、削ると真鍮色(黄色)が出てくる

金属の表面はメッキされていることが多いので、削ることは非常に重要です。

セパとコーペルについて

真鍮の打抜(うちぬき)新屑を、セパ(セバ)、コーペルと言います。
セパ(1号新黄銅くず):65%、亜鉛35%
コーペル(2号新黄銅くず):60%、亜鉛40%

セパ
セパ

上のコーペルの分析結果(銅:60.62% 亜鉛:39.38%)
上のセパの分析結果
銅:65.82% 亜鉛:34.18%

コーペル
コーペル

上のコーペルの分析結果(銅:60.62% 亜鉛:39.38%)
上のコーペルの分析結果
銅:60.62% 亜鉛:39.38%

厚さは0.2mm以上ですが、扱う都合上、大きさは10mm(1cm)は必要です。

セパ、コーペルの大きさ
セパ、コーペルの大きさ

上記の大きさ以上が必要なのは、細かいと扱いにくくなるためです。

真鍮切粉(削粉、切削屑)について

真鍮の切粉(削粉、切削屑)は、真鍮よりも買取価格を下げます。

真鍮切粉(削粉、切削屑)
真鍮切粉(削粉、切削屑)

切粉(削粉、切削屑)の類は、概して真鍮以外の異物(他の金属や油等)が含まれていることがあるためです。 仮に入っていなくても、弊社は出荷先にそれを証明することができません(削粉類の全検品は不可能)。

真鍮?真中?

スクラップ業界では「真鍮」を「真中」と書く人がいますが、おそらく、真鍮の「鍮」は難しい漢字であり、画数も多い(17画)ためだろうと思われます。 現場に於いてフレコンに内容物を書く場合、画数が少ない方が適します。

真「鍮」 と 真「中」
真「鍮」 と 真「中」

上述した「込真鍮(こみしんちゅう)」は「込真中」と書かれ、さらに略されて「込中(こみちゅう)」と書かれることがあります。 また、少数ではあるものの「真鋳」と書く人もいます。

真鍮は、英語ではBrass(ブラス)

真鍮は、英語では「Brass」であり、これは、ブラスバンド(金管楽器)の「ブラス」です。 ブラスバンドで使う楽器は、真鍮製のことが多いためです。

真鍮(黄銅)スクラップをフレコンに入れます
真鍮(黄銅)スクラップをフレコンに入れます

コンテナへ積んでいきます
輸出の場合は、コンテナへ積んでいきます

積込内容を記録しながら進めます
積込内容を記録しながら進めます

真鍮スクラップの輸出の際、インヴォイスやパッキングリスト等の書類では「BRASS SCRAP」と表記します。

真鍮(黄銅)メダルについて

ゲームセンター等で使用されるメダル(コイン)には真鍮のものがありますが、メッキされているため、真鍮だと分からないものがあります。 その場合は、上で述べたように、削って色を見ましょう。

真鍮コイン(メダル)
真鍮コイン(メダル)

表面を削ると真鍮の色(黄色)が出てくる
表面を削ると真鍮の色(黄色)が出てくる

メダル(コイン)は、全てが真鍮であるとは限らず、ステンレス洋白(洋銀)のものもあります。 これらが混ざってしまうと、分けるのは不可能になってしまいますので、混ざらないようにご注意ください。

表面の刻印が同じだからといって、同じ材質であるとは限りません。 表面の刻印が同じでも、材質の異なるメダルを多数見てきました。

混ざってしまうと、何が入っているのか分からず、金属としての評価ができなくなり、1枚1枚手作業で分ける訳にもいきませんので、雑品となってしまいます。

参考:コイン(メダル)の買取に係る注意点

バイメダルに注意!

内外が異なる金属でできているバイメダルには注意してください。

バイメダルの構成
バイメダルの構成

バイメダルは、内外に別の金属が組み合わされている
バイメダルは、内外に別の金属が組み合わされている

バイメダルは、内外を分離しようとすると、手間がかかりすぎます。

内外が強力に接合されているため、バイメダルの「解体」は、非常に大変!
内外が強力に接合されているため、バイメダルの「解体」は、非常に大変!

内(真鍮)と外(ステンレス)に分離したが...手間がかかりすぎ!
内(真鍮)と外(ステンレス)に分離したが...手間がかかりすぎ!

よって、弊社ではバイメダルを雑品扱いといたします。

勿論、内外を分離し、金属種毎に分類されていれば、各々検品の上買い取ります(過去にバイメダルを分離してお持込みになられたお客様がおられました)。

真鍮の金属組成

先に述べましたが、真鍮は、亜鉛の合金で、黄銅(おうどう)とも呼ばれます。

真鍮(黄銅)
真鍮(黄銅)

銅

亜鉛
亜鉛

真鍮には、亜鉛の割合により何種類かあります(C2600やC2700等)が、が60~70%くらいのものが一般的です。

真鍮(黄銅)の圧着端子
真鍮(黄銅)の圧着端子

上の真鍮(黄銅)の分析結果 銅(Cu):65.28% 亜鉛(Zn):34.72%
上の圧着端子の分析結果
銅(Cu):65.28% 亜鉛(Zn):34.72%

身の回りの真鍮としては、五円硬貨があります。

真鍮(黄銅)である五円硬貨
真鍮(黄銅)である五円硬貨

五円硬貨の分析結果 銅(Cu):63.37% 亜鉛(Zn):36.63%
五円硬貨の分析結果

但し、真鍮全てが五円硬貨の色をしているわけではなく、亜鉛の割合によって若干ですが、色が変わってきます。

丹銅について

真鍮は亜鉛の合金ですが、同じ亜鉛の合金で、真鍮よりもの割合が高い金属があり、丹銅(たんどう)と呼ばれます。

銅管に見えますが...
銅管に見えますが...

銅片(右)と比べると、色が少し違う?
銅片(右)と比べると、色が少し違う?

削ると白い?
削ると白い?

丹銅(銅:約90% + 亜鉛:約10%)
丹銅の一種(銅:約90% + 亜鉛:約10%)

銅片は、当然「銅:99.99%」となります。
銅片は、当然「銅:99.99%」となります。

丹銅の色はに近いのですが、よく比較すると、より白い色を呈します。

真鍮と砲金との違い

真鍮(黄銅)と同じくの合金として、砲金(青銅)があります。
真鍮(黄銅)亜鉛の合金
砲金(青銅)錫(スズ)の合金
目視判別時、表面劣化や汚れ、メッキ等の表面加工により色が分からない場合は、削ると見えてきますが、 グラインダー等の道具で「キレイに」削った上、かつ、両者を並べて「比較」しないと、判別が難しいこともあります。

黄色いのが真鍮、赤いのが砲金。これは分かりやすい。
黄色いのが真鍮、赤いのが砲金。これは分かりやすい。

左が真鍮、右が砲金。比較すると分かるが、右だけ出されると?
左が真鍮、右が砲金。比較すると分かるが、右だけ出されると?

判断が難しい場合は、弊社に持ち込みくだされば、金属分析器にて分析いたします。

洋白(洋銀)

真鍮(黄銅)は亜鉛の合金ですが、そこにニッケルが入ると、洋白(ようはく)という合金になります。
真鍮(黄銅)亜鉛の合金
洋白(洋銀)亜鉛ニッケルの合金

洋白(洋銀)コイン
洋白(洋銀)コイン

洋白コインの分析結果(銅:69.69 亜鉛:24.12 ニッケル:5.86)
上の洋白コインの分析結果
銅:69.69 亜鉛:24.12 ニッケル:5.86

洋白は真鍮ほど黄色くはありませんが、光の加減等により、真鍮なみに黄色く見えることがありますので、注意しましょう。金属分析器を使うのが確実です。

真鍮(黄銅,真中)スクラップ買取に関連するコンテンツ

大畑商事コンテンツ


ページトップ